ニュース詳細

在学生に本学のAPの取組を紹介するガイダンスを実施しました。

2017年4月に、新入生及び2年次生を対象として、本学が育成する人材像である『自ら学び、社会の発展に貢献する、責任感と実践力を持つ人材へ』の体現に向け、多面的な6つの指標を伸ばすための取組を紹介するガイダンスを実施しました。

本学が用意しているTAP(東京都市大学オーストラリアプログラム)や海外でのインターンシップなどの海外体験、東急グループと連携したインターンシップ、本学の卒業生がトップを務める企業とのPBL(Problem Based Learning)などについて、実際に体験した先輩の声や事例を話し、自らの大学に対しての「誇り」や、経験・支援の「場」について説明しました。

また、学生が自らキャリア形成の記録を残すための「キャリア・ポートフォリオ」の活用方法について説明するとともに、一定期間の行動を振り返り、次の目標設定を行い、4年間の学修を通じて学びのPDCAを回す習慣を身に付ける大切さについても伝えました。

 

文部科学省 平成28年度
大学教育再生加速プログラム(AP)
「高大接続改革推進事業」とは?

文部科学省の補助事業として、国として進めるべき大学教育改革を一層推進するため、教育再生実行会議等で示された新たな方向性に合致した先進的な取組を実施する大学を支援することを目的としたものです。本学が採択されたテーマV「卒業時における質保証の取組の強化」では申請があった116件の中から本学を含めて19件が採択されました。