ニュース詳細

東京都市大学 第1回大学教育再生加速プログラム(AP)シンポジウム開催のお知らせ [開催日:11月17日(金)]

 本学は平成28年度に大学教育再生加速プログラム(AP)テーマⅤ-卒業時における質保証の取組の強化-に採択され、学習者中心の教育への転換を図り、学生のキャリア形成や社会で必要とされる能力の獲得、卒業段階での学修成果をより目に見える形で社会に示すことができる仕組みづくりを中心に、教育改革を加速させております。
 この度『改めて、「社会に通用する」学修成果とその評価を考える』 をテーマとして、以下のとおりAPシンポジウムを開催いたします。
 本シンポジウムは、本学の1年間の取組内容をご報告するとともに、文部科学省高等教育局大学振興課の河本 達毅氏による基調講演や、大阪大学の山下 仁司氏、東京都立西高等学校の寺島 求氏、リクルートワークス研究所の豊田 義博氏、沖電気工業株式会社の藤原 雄彦氏をお迎えしてのパネルディスカッションを通じて、学生の自律的な成長を支援し、高等学校で身に付けた能力を更に社会へとつなぐための大学教育における学修成果や、学生の成長を測る評価と提示の手法について考え、共有を図ることを目的としております。
 
皆様のご参加を心よりお待ちしております

※ 終了いたしました。多くの皆様にご参加いただきまして、誠にありがとうございました。

 

   
 


日 時
平成29年11月17日(金) 13:30~17:00(受付13:00~)

 
会 場
東京都市大学世田谷キャンパス 21C教室
(東急大井町線 「尾山台(東京都市大学世田谷キャンパス前)」
駅下車 徒歩12分)
https://www.tcu.ac.jp/access/
  
テーマ
めて、「社会に通用する」学修成果とその評価を考える

 
プログラム
13:30~13:40  開会挨拶
東京都市大学 学長 三木 千壽
13:40~14:25  基調講演
学習者の成長と大学教育の質保証 -大学教育再生加速プログラムを通じて
文部科学省 高等教育局大学振興課 大学改革推進室改革支援第二係長 河本 達毅 氏
14:25~15:15  事業報告
「東京都市大学におけるAP事業の取組 学びの足跡の見える化による卒業時の質保証
東京都市大学 教育開発機構 副機構長/教育開発室長  永江 総宜
「プレ・ディプロマサプリメントによる学生のキャリア形成と成長支援に向けて」
東京都市大学 教育開発機構 教育開発室員  住田 曉弘
15:15~15:30  (休憩)
15:30~17:00  パネルディスカッション
<パネリスト>
文部科学省  河本 達毅 氏
東京都立西高等学校 主幹教諭  寺島 求 氏
リクルートワークス研究所 主幹研究員  豊田 義博 氏
沖電気工業株式会社 情報通信事業本部IoTアプリケーション推進部統括部長 藤原 雄彦 氏
東京都市大学 副学長/教育開発機構長 湯本 雅恵
<モデレータ>
大阪大学 高等教育・入試研究開発センター 教授 山下 仁司 氏
17:00        閉会挨拶

17:30~19:00  情報交換会 (会費制) [世田谷キャンパス1号館ラウンジオークにて] 
 
対 象
大学・高校の教職員およびその関係者、企業関係者


●参加費
無料 (情報交換会は会費2,000 円)

●定 員
200 名

 

詳細こちらのチラシをご覧ください。

参加申込 : こちらの入力フォーム
からお申込みください

   
    


 < お問い合わせ>
東京都市大学 企画・広報室(AP担当)
〒158-8557東京都世田谷区玉堤1-28-1
TEL:03-5707-0104(内線2084、2258)
FAX:03-5707-2222  E-mail:efsg@tcu.ac.jp (@を半角に変えてください)
 

文部科学省 平成28年度
大学教育再生加速プログラム(AP)
「高大接続改革推進事業」とは?

文部科学省の補助事業として、国として進めるべき大学教育改革を一層推進するため、教育再生実行会議等で示された新たな方向性に合致した先進的な取組を実施する大学を支援することを目的としたものです。本学が採択されたテーマV「卒業時における質保証の取組の強化」では申請があった116件の中から本学を含めて19件が採択されました。