ニュース詳細

「MATLAB/Raspberry Piワークショップ~信号・画像処理アルゴリズムの組込み体験とIoTシステムへの展開~」を開催しました。

 10月11日(水)に、教育開発機構、情報基盤センター及びFD専門委員会の主催により、MATLAB/SimulinkとRaspberry Piを活用した学生向けのワークショップを開催しました。

 本学では、AP事業を契機に、学生の主体的な学びを促し、授業外学修時間の増やす施策の一環として、ICTを基盤とした教育システムの確立に向けた取組とともに、科目の学習内容を試行しながら理解を深め、実践力を直接に養うことを目的とした取組も加速させています。

 このワークショップは、組み込みシステムとして人気のあるRaspberry Piにおける音声処理や画像処理機能について、工学分野の標準的な数値解析ソフトウェアである MATLAB を用いたシミュレーションから実装までの体験と、クラウドを通じた MATLAB/Simulinkと Raspberry Pi の活用について紹介することにより、卒業研究などで組み込みシステムを活用したいと考えている学生、MATLAB/Simulink を利用した信号・画像処理システムの簡易実装に興味のある学生、これから Raspberry Pi を勉強したいと考えている学生を対象に開催したものです。さらに、教職員に対しても授業運営支援の一環として、学生の取り組みやツールとしてのMATLABの活用の様子から、授業や研究等への利用を探る機会となるようにFD・SD研究会も兼ねて開催いたしました。

 当日参加した学生は、Raspberry Pi を用いた実習を行いながら、熱心にIoTシステム開発の基礎を学んでいました。

 

文部科学省 平成28年度
大学教育再生加速プログラム(AP)
「高大接続改革推進事業」とは?

文部科学省の補助事業として、国として進めるべき大学教育改革を一層推進するため、教育再生実行会議等で示された新たな方向性に合致した先進的な取組を実施する大学を支援することを目的としたものです。本学が採択されたテーマV「卒業時における質保証の取組の強化」では申請があった116件の中から本学を含めて19件が採択されました。